R3道議会、百年記念塔は良好な状態だが老朽化で解体?噛み合わない質疑

道議会、令和3年6月28日、二定(第二回定例)、特別予算委員会 の滝口信義議員(室蘭市)の質問に北海道(文化振興課)は「記念塔は良好な状態を維持している」と答えた。良好な状態なのになぜ壊すのかと質問すると「老朽化」と答えた。噛み合わない議論にモヤっとする。ーー滝口道議の動画 は質疑応答のテキストの下に貼り付けた。

記念塔は良好な状態を維持しているのになぜ解体するのか


滝口 信義(室蘭市)
Q1 昭和55年に記念塔の保守管理計画を策定した調査委員会の長である北大の柴田教授は大事にすれば百年以上もつ。肝心なのは管理の仕方だと言っている。北海道の今日までの管理の在り方について伺う
A1 北海道(渡辺享義・文化振興課長)10年毎に専門家による調査を実施し、「保守管理計画」を策定し老朽化した箇所の修繕や改修工事を実施してきた。平成4年にエレベーター、11年には外部パネルの接合部の錆の除去、施設の耐用年数や老朽化の状況に応じて適切な維持管理整備に努めてきた

適切に管理してきたのにどうして解体になるのか。禅問答ではないが、モヤっという気がする。具体的に訊いていきます。
Q2 管理計画は行ったが、それの検証が的確に行われてきたのか。外装には耐候性高張力鋼、いわゆるコルテン鋼が採用されて百年もたせるという大きな計画があった。(老朽化は)当然予想されている事だ。見解を求める。
A2 維持管理費について。専門家に10年毎に調査依頼している。平成23年度の調査報告は「平成11年の大規模改修により良好な状態が維持されている」との評価が示された。調査結果に基づき修繕改修を行い、予算を確保してきた。

良好な状態を維持しているという調査結果…
Q3 「解体ありきでシナリオが進められてきたのではないか」という意見もある。一体どのような議論が進められてきたのか。とりわけ保存に向けた検討議論経過を伺う
A3 平成28年9月に有識者懇談会を設置し幅広に意見を伺った。老朽化を防げないので安全確保に向けて解体と判断した。


平成23年度の調査と今の答弁は違う(矛盾している)と感じる。
Q4 百年記念塔を解体する判断基準の一つが多額の維持管理費である。(今日までの)50年間で8億8千万円、今後50年の総額はその3倍強の26・5倍になっている。それはすでに(平成30~32年)に修理しなければならないものを先送りして合算しているのではないか。如何か。
A4 大規模改修費について。平成4年と11年に実施した。今後、内部改修について平成30年から20年ごと。外部改修は平成32年(令和2)から20年ごとの計3回になっている。

記念塔をモニュメントとして維持する場合26億円。将来への負担というが26億円の中に既に終えていなければならない修理費が入っているのではないか。<平成30年2・6億円、31年9千万円、32年4・2億円>しっかりした検証を求めたい。
Q5 「交流空間構想」から2年が経過しても記念塔解体後に新たに設置するモニュメントの具体的内容が見えてこない。これまでどのような検討が行われ、今後どうするのか。
A5 道民に親しまれる新モニュメントの製作の具体的検討を進めて行く考えだ。

モニュメントはこれからという事だが、仮にも百年記念塔に代わるモニュメントならば数億円かかるのではないかと私は思う。解体費プラスモニュメント、さらにそれを維持していくという事は、一体、百年記念塔を残すというのとどう違いがあるのか。これはいずれ質していかなければならない。
Q6 次に、各事業の進捗状況について。令和2年度、解体に掛かる実施設計費及び記念塔思い出イベント経費が計上されているが各事業について伺う。
A6 (振興課長) 10月には工事費と工事期間が示される。新モニュメントは相手側と検討を進めている。記念塔思い出保存イベント事業は、映像制作、写真コンテストに向けて進めている。


Q7 関係者への説明、とりわけ設計者の井口さんへの説明はどのようにしてきたのか。
A7 丁寧に説明した。井口氏は容認できないという意見だが、「交流空間構想」(冊子)を渡し、老朽化で安全確保の観点から解体と判断。理解頂きたいと伝えた。

著作権は設計者の井口さんにある。諒解を取ることが必要だと私は思う。299点の応募の中から選ばれ、記念すべき北海道150年の年に、北海道100年を記念して建てられた記念塔が僅か50年で解体されることになった。非常に無念と言う思いが強いのではないか。設計者の井口さんの談話(記録)では、とりわけ「北海道の歴史を背負ったモニュメントを多数の費用を要して、意図的に解体する事について、精神的にも経済的にも好ましいとは思えない。特に子供の教育上大きなダメージを与えるのではないか」と述べている。
Q8 知事も昨年の記者会見では「記念塔を残したいと考えている方々に丁寧に対応説明していく」旨述べている。解体に反対する個人、団体にどのように対応してきたのか。伺う。
A8 成田正行文化局長
(知事は)解体に反対する方へ「交流空間構想」を示して、理解を求める回答を繰り返している。安全確保、将来負担軽減の観点から解体する。

解体実施設計後、本年10月以降、解体に着手する北海道の方針について再検証が必要ではないか。
解体費+新しいモニュメント+新モニュメントの維持管理費道民にも議会にも知らせて幅広い議論をするべきだ。
Q9 解体経費を来年度の予算に計上するのを避けるべきだと考えるが、今後どのような対応をするのか。伺う。
A9 老朽化は防げない。安全性、将来世代負担、解体はやむを得ない。丁寧な説明をする

滝口信義議員
安全性の確認は大事なこと。しかし安全性を確認して、尚かつ保存ができる方法の、2つを示してどうかと問うのであれば道民の将来負担の軽減というのも出てくるが、本来は既に改修をしなければならない経費も将来負担の経費に合わせている事が明らかになっている。しっかりした議論を求めたい。

●参考までに、一言
百年記念塔と同じ1970年(昭和45)に大阪で「太陽の塔」が作られた。今なお残っています。万国博覧会終了後は撤去する予定だったが、どうしても残すべきでは無いかと今日まで残してきた。2020年(令和2)に国の登録有形文化財に登録も行われたという。
太陽の塔の総工費は6億3千万円。2016年(平成28)に12億8千万円の改修工事を行っている。
この、北海道百年記念塔は1970年、5億円太陽の塔が6億3千万円遜色のない建築物なんですね。そういう意味では登録有形文化財の価値を持っている建築物だという認識をもって、今後どう対応するかという事が求められているのではないかと思う。先ほども同僚議員から質問がありました。拙速に事を進めることがプラスの場合もあれば、大きく後世の歴史に汚点を残すという事もあるという事をいうことを認識して、しっかり対応を求めたいと思う。
以上です。

●道議会、令和3年、二定●滝口道議の動画

https://vdg.jp/CbJWK8qvwONr

●記念塔の質問は48分くらいから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

星 克明 議員(江別市)
Q1 記念塔存続は困難と言うが他の歴史的施設と平等に扱っているのか。維持管理のルールはあるのか。
A1 北海道(渡辺享義文化振興課長)
規則はない。北海道文化財保存大綱を策定している。
Q2 令和2年の建築関係者の視察で、塔体は健全な状態にあることが確認された。解体に値する程の危険度と認識しているのか。疑問に思う。
A2 台風、暴風雨、老朽化の進行。今後危険度が増す。安全確保の観点から解体。
Q3 記念塔建設費の53%が寄付で賄われている。解体と言う極論に達するには民意の反映についての見解を求める。
A3 北海道(成田正行文化局長)
北海道の専門家懇談会で最終的に老朽化の進行で安全確保の観点から解体する。理解を求める。

https://vdg.jp/UBPhD4zC89Jt

星道議の

百年記念塔の質疑は27分後から。



●北海道開拓の象徴
「北海道ブランド」が世界的に知られるようになったのは開拓者の先人のお陰です。
品種改良を繰り返し、土を肥沃に改良して、コメ、イモ、トウモロコシ、野菜、魚類。住めないような所も開拓して北海道がある。
開拓があって北海道の美味しい農産物がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本ハム「開拓者の大地」新千歳空港の広告を撤去した事件
[2015年11月9日13時34分]日刊スポーツ
日本ハムは9日、新千歳空港にある巨大バナー広告を取り下げると発表した。
 4枚ある同広告のうち、栗山監督がデザインされた1枚に「北海道は、開拓者の大地だ。」の文言があり、アイヌ民族の最大組織「北海道アイヌ協会」から、先住民族の権利を害し不適切な表現と指摘を受けていた。バナーは4枚に統一したメッセージ性を持たせていたという理由から、大谷がデザインされた「才能も、好き放題伸びる大地。」、中田の「日本の四番は、北海道にいる。」など、4枚すべてを取り下げ、今後デザインを変えて再掲出するとしている。

江戸時代以降に本格化した和人の北海道開拓は「先住の土地から 追われた負の歴史」との解釈する北海道アイヌ協会の阿部一司副理事長は「アイヌが 見たら泣きたくなる」と話している。

阿部ユポ一司はアイヌじゃないべ、侵略されたとかいっているようなそんなアイヌは知らないわ。そんなこと言ってるのは朝鮮同和サヨクの従軍慰安婦や韓国の徴用工の欺瞞野郎くらいじゃないのか。