毎週ブログを更新する、と『ザニューコリア』を読み日本の素晴らしさ

ブログを毎週更新して「週刊 特選隊」にする事と、『ザニューコリア』他数冊を読んで日本人の素晴らしさと、朝鮮人への考えが少し変わったことのお知らせ。

特選隊ホームページのブログを毎週土曜日に更新することに決めた。土曜以外にも気が向いたら更新する。
本日、令和4年5月14日土曜から週刊を開始。
紙のYouTube 「何でも特選隊」は年に4回の発行で、今年の春号(4月)の発行がずれまくって6月半ば発行の予定です。いま頑張ってます。

今、『THE NEW KOREA、朝鮮が劇的に豊かになった時代』の第11章の経済発展までを読んでいて、日本人の尊さ、誠実さが改めて分かった。知的で、勇敢で、優しくて、強くて、勤勉で、調和のとれた民族、そして天皇を戴く日本民族の素晴らしさを実感した。俺たちは素晴らしいわ。
で、朝鮮人の見え方も少しが変わった。

朝鮮人に無関心だった。嫌だった。
平気嘘をで吐(つ)き騙すこと、罵る事を生きがいする医学的に精神的障害者の朝鮮民族。汚れた穢らわしい朝鮮民族を耳にするのも目にするのも避けた。
それでも、人生の先輩である師匠が与えてくれた『朝鮮雑記』や『韓国はどこに消えた』、『なぜ韓国人は国を捨てるのか』、『反日種族の常識』、『日本人のための日中韓興亡史』、『日韓朝 虚言と幻想の帝国の解放』、ほか、シンシアリー、など朝鮮韓国の本を「朝鮮は鬱陶しい」という気持ちを持ち続けながら何冊も読んだ。くれ呉ゼンカや他、いくつもの関連本もよんだ。

ところが、『日本は奇跡の国 反日は恥』(崔三然著)でこんな素晴らしい朝鮮人もいるのかと感心し、『反日への最後通告』(池萬元著)は朝鮮民族を覚醒しようとして実際に朝鮮人共産主義者と戦っている。『反日種族主義へのとの闘争』(李英薫著)を読み終えて、この本「ザニューコリア」をもう少しで読み終える。

『THE NEW KOREA』は、植民地研究の第一人者アレン・アイルランドが当時の朝鮮半島に渡り調査して纏めた。
大韓帝国に総監府を置き保護国とした経緯(いきさつ)、その後、自国で国を経営できない大韓帝国、選択肢がない日本は責任を決意して韓国を併合した。その日本の朝鮮の経営を分析している。
文在寅のような無知蒙昧な反日の「民族主義者」は当時も特殊だったかもしれない。伊藤博文を殺害した怠惰で無学な安重根みたいなのもいるが、一般の朝鮮人は協力的だった。
確かに、大東亜戦争の末期、台湾や朝鮮出身の特攻隊員がいた、道徳心や教養の高い大和魂をもつ朝鮮民族だった。

『日本は奇跡の国 反日は恥』の著者、崔三然は元韓国空軍大佐で帝国陸軍少年飛行兵だった。朝鮮戦争で空軍軍人

じゃ、また